こちらからも
ご注文できます。
種子伝染性病害の管理・研究・制御
〜国際ワークショップの報告から〜

表紙写真

農林水産省 野菜・茶業試験場/企画・編集
A4判 163ページ
定価 3,500円+税
ISBN978-4-88137-080-3

種子伝染性病害に関する国際的な動き/21世紀における種子伝染性病害/種子伝染性ウイルス病の疫学/種子伝染性細菌病の疫学/種子伝染性菌類病の疫学/日本における野菜種子伝染性病害の発生・防除の概況/日本における水稲・麦類・ダイズ種子伝染性病害の流行と防除対策/種子伝染性ウイルス病の管理/種子伝染性細菌病の管理/種子伝染性菌類病の管理/種子伝染性病害検査および管理に求められる将来方向/健全な種子の生産・その他(海外講演者のTalking paper 10編;英文)

特   色

1.

この本は、1998年に開催された「21世紀における食料生産のための種子伝染性病害管理に関する国際ワークショップ」のプロシーディングとして編集されたものです。当ワークショップは世界の最先端の専門家を迎え、科学技術庁科学技術振興調整費によって催されました。

2.

今日、種子伝染性病害の管理・研究等は、種子の流通が国際化していく中で、たいへん重要な問題です。しかしわが国においては、この分野の研究が十分に行われていないのが現状です。

3.

本書はこの分野に関して先進的といわれる海外諸国の趨勢を知るために、またわが国の種子伝染性病害の研究・管理を発展させていくための資料として、たいへん貴重なものです。