こちらからも
ご注文できます。

病害防除の新戦略

駒田旦・稲葉忠興 他/編
A5判 314ページ
定価 5,049円+
ISBN978-4-88137-044-5

作物の病原ウイルスとウイルス病のすべてを網羅。病害防除関係者必携の作物ウイルス病事典。

特   色

第1章

抵抗性品種の育成と利用
稲、麦から野菜、果樹、特用作物などで病害抵抗性作物による病害防除の試みがなされている。ここでは、その現状と将来への展望について解説する。

第2章

植物バイオテクノロジーによる防除
ウイルスフリー植物の作出技術などに見られるように植物バイオテクノロジーの応用による病害防除の試みが行なわれつつある。
その現状と展望について述べる。

第3章

微生物による防除
弱毒ウイルス利用によるウイルス病の防除などに見られる、微生物の機能を利用した防除法の開発状況について解説する。

第4章

物理的環境制御による防除
太陽熱の利用、光質制御など物理的方法による病芸防除の現状と展望を解説。また、養液栽培での病害防除についても述べる。

第5章

薬剤防除
植物保護薬、宿主への抵抗性付与など新しいターゲットによる農薬開発の現状と展望について解説する。
第6章
新診断技術(システム)と発生予察
コンピュータを利用した発生予察や防除法の選定技術、土壌病害の総合防除と圃場カルテシステムなどについて解説する。