こちらからも
ご注文できます。
アマゾンで「品切れ」「調達不可」「出版社在庫なし」などの表示が出る場合は、他のウェブストアをご利用ください。出版社在庫はあります。

息をのむほど見事な「狩り」の写真が満載!
狩蜂生態図鑑
〜ハンティング行動を写真で解く〜

田仲義弘/著
B5判 192頁
オールカラー 並装 収録写真数 約600点
定価2,500円+税
ISBN978-4-88137-167-1
月刊「むし」2013年7月号
「BIRDER」」2013年2月号
狩蜂約150種+その他のハチ約70種収録
「ファーブルさえも知りえなかった、ハンターとしての驚異の生態」
…赤池学氏(科学技術ジャーナリスト)も絶賛!
クリックすると赤池氏の書評全文が読めます
狩蜂とは、母バチが子育てのために獲物を狩るという生態を持つハチ、つまり「狩りをするハチ」。かつて狩人蜂とも呼ばれ、ファーブル昆虫記にも多く登場しています。
本書は狩蜂たちの「狩り」というドラマチックで興味深い生態を、美しい写真とともに紹介した画期的な図鑑です。

【特 色】

1. 

狩蜂の「営巣」「狩り」「獲物の運搬・搬入」等、くふうに満ちた興味深い生態を、写真とともに詳しく紹介しています。本書を読めば虫眼ならぬハチ眼になり、身近で狩蜂のドラマチックな行動を観察できるようになります。

2. 

著者の田仲義弘氏は世界的にも数少ない狩蜂の研究者で、なおかつ写真家であるという稀有な存在です。プロの目線による的確な写真はたいへん貴重なものばかり。狩りの決定的瞬間をとらえた写真は息をのむほどの見事さです。

3. 

ハチや昆虫についての基礎知識も丁寧に収録しているので、入門者〜専門家まで楽しめる内容です。

4.  2章のハチ図鑑は狩蜂中心ですが、その他のハチについても日本産主要種を収録しているので、まとまった「ハチ図鑑」としても貴重です。狩蜂約150種+その他のハチ約70種収録。すべて鮮明な生態写真です。
5.  狩蜂の形態・生態がよくわかる精密なイラストが、随所に掲載されています。写真だけでは判別しにくい興味深いしくみが一目でわかり、狩蜂への理解が深まります。

【内容見本】

 

狩蜂=狩りをするハチ (p.2-3)

序 章

狩蜂は母! (p.8-9) (p.10-11)

1 章

狩蜂の生活 (p26-27) (p.32-33)

2 章 ハチ図鑑〜狩蜂を中心に〜
(p.70-71) (p.88-89) (p.98-99) (p.111) (p.138)
3 章 狩蜂観察のコツ (p.162-163) (p.166-167)

【目 次】

狩蜂=狩りをするハチ
序章・狩蜂は母!
このハチは何をしている?/狩りの獲物は誰のため?/子育ての工夫いろいろ/狩蜂の体の作り/狩蜂とはどんなハチなのだろう
1章・狩蜂の生活
狩蜂はどこにいる?/狩蜂の一生/狩蜂の獲物のいろいろ/獲物の運び方いろいろ/狩蜂の巣のいろいろ/ハチたちの進化を考える/〔補足〕狩蜂以外のハチの生活
2章・ハチ図鑑〜狩蜂を中心に〜
25科、約220種を収録(狩蜂約150種+その他のハチ約70種)
3章・狩蜂観察のコツ
狩蜂観察のコツ/観察場所選び/服装・道具/蜂宿を利用しよう/記録のしかた/観察のテーマを探そう/写真の撮り方/参考資料
〈付〉
用語の解説/和名索引/学名索引
 
【正誤表】