こちらからも
ご注文できます。
アマゾンで「品切れ」「調達不可」「出版社在庫なし」などの表示が出る場合は、他のウェブストアをご利用ください。出版社在庫はあります。
「形」には理由(ワケ)がある
雑草の「形」は、
「くらし」と密接な関係がある。
「形とくらし」を観察するユニークな図鑑

全農教 観察と発見シリーズ

新・雑草博士入門

シリーズ紹介

岩瀬 徹・川名 興・飯島和子/著
B5判 200ページ オールカラー
定価:本体2,300円+税
ISBN978-4-88137-183-1
本書を利用した観察会の例
NPO法人自然観察大学【本の紹介】
「faura」48号
「こどもとしょかん」147号
「理科教室」2015年11月号
「千葉生物誌」2015年 65(1)

特   色

身近な雑草。つい見過ごしがちですが、近寄ってよく見ると美しいものや面白い形、巧妙なつくりがあります。

踏まれたり、刈られたり、冬の寒さにも耐える雑草には、生き抜くための仕組みがあります。

子どもから大人まで満足できる内容なので、親と子や孫、先生と生徒などが一緒に利用いただけます。

あのベストセラー「たのしい自然観察/雑草博士入門」が、大きくなってパワーアップして帰ってきました。全面的に見直され、新しい知見や興味深い観察ガイドが大幅に加えられています。
目 次
第一章
雑草の花と実
■花のいろいろ
◇ 花の各部
イヌタデの花/ハコベの花/ナズナの花/カラスノエンドウの花/ドクダミの花/カタバミの花/オオマツヨイグサの花/カラスウリの花/ヒルガオの花/ホトケノザの花/オオバコの花/タンポポの花/キクイモの花/ワルナスビの花/ツルボの花/カモジグサの花/チガヤの花/クサイの花/スズメノヤリの花/カヤツリグサの花/ツユクサの花
(ページ見本pdf→) (ページ見本pdf→)
■実やたね、その散り方
◇ 子房は実に、胚珠はたねに
花から実へ/実が食われてたねが広まる/ひっつく実やたね/風で舞い飛ぶたね/自力でたねをはじき飛ばす/雨滴で広まるたね
  (ページ見本pdf→)
第二章
雑草の形とくらし
◇ 根・茎・葉
■ロゼット型の草
踏まれてもがまん強い草/ロゼットとは
  (ページ見本pdf→)
■ロゼットからのびる草
ロゼットの親あて
■ロゼットをもたない草
芽生えと親の形/姿勢の低い草/つる草/※ つるの右巻きと左巻き
※ 草の生きる姿を分けてみると
※ 型におさまらない雑草の生活
■茎や葉の形
茎の切り口のいろいろ/葉の形/葉の切れ込み/葉のつき方/複葉のいろいろ
■根や地下茎の形
深い根、浅い根/太い根/長い地下茎/ふくらんだ地下茎
第三章
似た雑草をくらべる
タデ科のなかま/ナデシコ科のなかま/アブラナ科のなかま/ヒユ科のなかま/トウダイグサ科のなかま/エノキグサとクワクサ/カナムグラとヤブガラシ/マメ科のなかま/カタバミ科のなかま/アカバナ科のなかま/※ ユウゲショウの花はいつ開く?/ウリ科のなかま/ヒルガオ科のなかま/アカネ科のなかま/シソ科のなかま/ナス科のなかま/オオバコ科のなかま/キキョウ科のなかま/キク科のなかま/イネ科のなかま/ツルボとネジバナ/ヒガンバナとノビル/ニワゼキショウのなかま/イグサ科のなかま/カヤツリグサ科のなかま/スギナとツクシ/※ イネ科の花は早起き
(ページ見本pdf→) (ページ見本pdf→)
第四章
雑草のくらし発見
校庭に生える雑草
道ばたや空き地に生える雑草
野原や田畑のまわりで
※ 外来雑草にご用心
草のスケッチをしよう
草の名前の話
(ページ見本pdf→)
  掲載種一覧
索引
参考にした本、参考になる本

著者紹介
岩瀬 徹
(いわせとおる)
元生物教諭(千葉県立千葉高等学校)。退職後も植物の野外観察の方法を研究し、それを普及することに努めている。
日々の雑草観察は半世紀以上を重ねたが、いまでも新発見とそのよろこび・興奮で心がやすまるときはない。
2004年日本雑草学会賞(技術賞)受賞。NPO法人自然観察大学名誉学長。
主な著書:図説日本の植生(講談社学術文庫)「校庭の雑草」「校庭の樹木」などの校庭シリーズ、「新版 形とくらしの雑草図鑑」「植物の生活型の話」(全農教)
川名 興
(かわなたかし)
元小学校校長(千葉県富津市立飯野小学校)。身近な生物の野外観察をすすめ、その普及に努力してきた。
近年は植物季節(フェノロジー)に興味をもって観察を続けている。雑草・植物にかぎらず生物全般、そして民俗学分野にも興味を持ち、疑問があるとすぐ行動を起こさずにはいられない。
NPO法人自然観察大学講師。
主な著書:「校庭の雑草」「校庭の樹木」などの校庭シリーズ(全農教)、「クモの合戦」(未來社)
飯島和子
(いいじまかずこ)
秀明大学非常勤講師。元千葉県立衛生短期大学生物学研究室教員。東京湾岸埋立地など各地の植物群落の遷移や植物の特性を大学生らとともに調べ、教材化に努めている。
近年、農業と野外観察の両立を目指して田舎暮らしを始めた。犬、猫、山羊、ご主人、そして雑草たちとの共同生活をたのしんでいる。
NPO法人自然観察大学講師。
主な著書:「校庭の雑草」「新版 形とくらしの雑草図鑑」「イネ・米・ごはん」(全農教)
大野 透
(おおのとおる)
(撮影)
撮影のほか、本書の編集を担当。全国農村教育協会。