“昆虫”が分かる不思議な本
「昆虫博士入門」は、概観的に昆虫を理解してもらうことを念頭に作成した。
入門書ではあるが、いや入門書だからこそ、難解な内容も避けることなく、ていねいに紹介することを心がけた。
完成が近づき、改めて校正を通読し、われながら驚いた。
「これは万人向けだ!」
原稿段階では繰り返し何度も扱ってきた内容だが、写真が入り、1冊の本の形になった紙面を改めて読んで、驚愕したのである。昆虫好きはもちろん、そうでない方たちにも理解してもらえるだろう。
昆虫は身近であり、だれもが多少にかかわらず知識を持ち、興味があるはずだから。
掲載写真は、昆虫の形態や行動が理解できることをめざし、膨大な数の中から厳選した。それらの写真は、見る人によって解釈や感じ方が違うであろう。
だれが見ても違和感なく昆虫の世界に入れるとともに、見るたびに昆虫への理解が深まるだろう、と筆者は思うのだが、一人よがりだろうか。
昆虫少年、自然愛好家はもとより、小・中・高校の先生方、農学や生物系大学の「昆虫学」講義用の副教材として、また各種図書館のスタンダードな蔵書としておすすめしたい。
2014年6月、校了まぎわで睡眠不足の著者/山崎秀雄