こちらからも
ご注文できます。

図説 貯蔵食品の害虫
−実用的識別法から防除法まで−

表紙写真

吉田敏治・渡辺 直・尊田望之/著
A5判 268ページ
定価 7,200円+税
ISBN978-4-88137-038-4

貯蔵穀物にはさまざまな害虫が発生し、食害するばかりでなく、食品に混入して問題となります。本書はさまざまな図版を使いながら、貯蔵穀物に発生する甲虫やガ類の成虫・幼虫の識別法、害虫の生態と被害、さらには合理的な防除方法を解説した、防除のための解説書です。

特   色

1.

簡単に利用できる実用的識別図を掲載。

 

専門的な知識が必要な昆虫の識別について、検疫の第一線に立ってきた著者らが自らの経験をもとに、高度な専門的知識がなくても使える実用的な検索図を作製し、害虫を簡単に同定する方法を解説しました。

2.

多様な図版を使いながら害虫の生態や被害を解説。

 

 防除のためには害虫の生態や加害の正確な把握が基本となります。本書では、様々な図版を使いながら害虫による被害や、発生様相を解説しました。

3.

合理的な防除法を紹介。

 

 害虫の生態や被害の発生様相に基づかない防除は、効果に結びつかいないばかりでなく、食品に悪い影響を及ぼすことにもなりかねません。本書では、害虫や被害の発生生態に基づいた合理的な防除方法を解説しました。

4.

侵入警戒害虫を掲載。

 

 食品を輸入する際に問題となる、海外での発生種を精密な図版により紹介しました。